予備校選びでは講師の質も重要!四谷学院は実際のところどう?

大手予備校は講師の質も良いですし選ぶ価値はきっとあります

大学受験に向けて、塾や予備校を探している、また浪人してしまって徹底的に学習をしたいから寮に入ることも検討しているという事になりますと、選び方のポイントもいくつかあるでしょう。
第一に大手のところですと非常に費用が高いというのがあげられます。
それぞれの予備校や塾でも学費が異なりますし、月謝制のところや年間契約のところもあったりと、その契約システムも様々です。
どういったカリキュラムで選ぶことが出来るのか、学校それぞれの受験対策が出来るような効率の良い勉強システムがあるのか、また有名講師がいたり個別指導があるところを選ぶのか、選択肢も様々です。
効率よく合格までの道をたどるためには、学習方法も非常に重要になりますし、安ければよいという考えはまず捨てるべきです。
大手のところはノウハウも経験も実績もありますし、選ぶ価値があるでしょう。
日本でも大手にはいくつかありますが、四谷学院や代々木ゼミナール、駿台予備校や河合塾などがここでいう大手です。
テレビコマーシャルや広告などでも見たことがあると思いますが、こういったところはとにかく講師の質も良いですし選ぶ価値はきっとあります。
もちろん相性もありますし、そもそも個別指導の方が向いているという生徒さんもいます。
高校受験の時の自分の経験を思い出したときに、集団授業の塾に通っていてそれが良かったと感じるのであれば大手の予備校に通っても問題ありませんが、家庭教師や個別指導の塾に通っていてそちらの方が良いと思っているのであれば、大手は避けたほうが無難です。
競争という意識もありますし、もちろん最終的には自分に勝たなければなりませんが、わからないことが出てきた時にすぐに質問が出来る環境か、後で質問をしなければならないのか、また自分のペースで完全に進めるのかある程度の学校やレベルで絞られていてその中で授業を受けるのかでも変わってきます。
一般的にはマンツーマンや個別指導の方が月謝は高い傾向があります。

105回薬剤師国家試験の主要予備校各社解答速報で、注釈が付いているものと予想解答が異なる物をまとめました。
(間違えてたらごめんなさい)
2月23日23時頃の時点のものです。


青:薬学ゼミナールさん
橙:メディセレさん
虹:ファーマプロダクトさん
R:RECさん pic.twitter.com/VzpZBOp6XY

— るぱたじん (@ruPAFin104) February 23, 2020

大手予備校は講師の質も良いですし選ぶ価値はきっとあります自分に合った予備校選びに口コミも非常に参考になります四谷学院はダブル教育が最も大きな特徴です